ジム・パーソナルトレーニング

スポーツジム体験入店の体験談とジム探しのポイント

これは、運動初心者の私が初めてスポーツジムに足を運んだ時の体験談です。今までジムって未知の領域すぎて行くのを躊躇していたのですが、試しに行ってみたら想像以上に良かったです。
通い始めてしばらく経つのですが、後追いで書いてますので時系列的にはちょっと前の話になります。
運動初心者さんや、これからジムに通ってみようかなと思っている方の参考になりましたら幸いです!

ネットの情報では不十分。百聞は一見にしかず!

長年の運動不足とダイエット&リバウンドの繰り返しでゆるみきった体をどうにかしようとジムに通う事を思い立った私ですが、様々なジムをネットで調べてみても何が良いのかよくわかりませんでした。
まあわからないのは当然なんですけどね。運動初心者&ジム未経験者だと良し悪しの判断基準を持ってませんから。
そしてネットだとどうしても情報量が限られるので、写真から大体の雰囲気を想像することくらいしかできませんでした。
調べている中でわかった事は多くのジムでは無料で見学や体験入店ができるということ。
これはもう見に行った方が早い!という事で早速無料体験入店を予約してみました。

いざ、初めてのジム入店。

緊張しつつ、いざ入店。

こんにちは。体験入店の予約をしたコイズミですが…。

スタッフ
お待ちしておりました。本日は私がご案内させていただきます。こちらのウェアとタオルをお持ちくださいませ。

おお、なんかジムのスタッフってもっと体育会系な感じかと思っていたのにとても丁寧で物腰やわらかだ。
手ぶらで行ったのですが、ウエアやシューズ、タオルなど必要なもの一式を無料でレンタルしてくれました。

ロッカールームに案内され、貸してもらったウェアとシューズに着替えます。
明るく清潔なロッカールームでは清掃員の方がマメに出入りして、
床の清掃や使用済みのタオルの回収を行っています。
着替えを終え、外に出るとスタッフが待っていてくれました。

スタッフ
それではご案内させていただきます。

スタジオプログラムは思いの外楽しそうだった!

スタッフ
こちらの2部屋がスタジオプログラムの部屋です。毎日日替わりで、時間ごとに様々なスタジオプログラムを行っています。今こちらの部屋で行っているボクササイズ系のレッスンは凄い人気なんですよ。

ガラス張りの壁越しに部屋の中を見ると、中では天井付近からぶら下げられたパンチングボールに向かって、リズムに合わせてパンチを繰り出す人々が。
リズムが割と早めなせいか、みんないい汗をかいています。
これは運動としても良さそうだけど、ストレス解消にもってこいだろうな。

一方、もう一つの部屋ではゆったりとしたヨガのレッスン中でした。
2つのプログラムの静と動の差が激しいです。
壁に貼られている時間割表を見ると、
ダンス、スタイルアップ、鍛えたい部位別のトレーニング、歪みを整えるストレッチなど、
カロリーがガンガン消費できそうなアクティブ系から、回復を目的としたリカバリー系まで、
様々なプログラムが行われているようです。

意外だったのは思ったより普通の体型の人達が多かった事
ぽっちゃり気味の方もいます。
ジムってもっとムキムキの人やスタイル抜群の人がわらわらと居るんだと思っていました。
自分と近い体型の人たちも意外とたくさんいる事がわかって、通う心のハードルがぐっと下がりました。

こういった、どんな人が居るか。どんな雰囲気かなどは、
ネットの情報だけではわからないポイント
だなと思います。
調べている最中と実際見た後では結構イメージが変わりました。

トレーニングルームはガッツリ系!

スタッフ
では次はトレーニングルームをご案内します

そういって通された部屋は私が想像していた通りのジム! 様々なマシンがずらりと並んでいるエリアと、バーベルなど重りが色々と置かれたエリア、そしてフラットな床のエリアに分かれています。 想像と違ったのはやはりスタジオルームと同じくスタイルのいい人たちばかりではなく、自分と似たような体型の人たちも沢山居るという事。年齢も性別も多種多様です。 あとは、沢山の人達が室内で運動してるって、汗くさいんじゃないかな。と思ってたんですが、 まったく臭くなかったです。

スタッフ
何か使ってみますか?
あ、私ジムって初めてで何をどうしたらいいのかさっぱりでして…
スタッフ
それでは各エリアごとに一緒に色々やってみましょうか。
はい!よろしくお願いします!

まずはフラットなスペースに凹凸のある筒を持って来てくれたスタッフさん。 フォームローラーというアイテムらしいです。

スタッフ
ここでは様々なアイテムを自由に使えます。ではまずこれを肩甲骨あたりに当てて仰向けに寝てみてください
痛い、いだだだ
スタッフ
あー、お仕事デスクワークとかですかね?背中硬くなっちゃってるみたいですね。首もやってみましょうか。
わーなんですかこれ、超気持ちいい。
スタッフ
気持ちいいですよね。私もこれ大好きなんですよ。

このフォームローラー、またはランブルローラーと呼ばれいてる代物、どうやら体をほぐすアイテムらしい。 痛かった背中も、この上で動いていたら次第に心地よくなってきました。 なにこれ家に欲しい。背中はマッサージとかで誰かに揉んでもらわないとほぐせないと思っていました。


スタッフ
次はマシンを使ってみましょう。気になる体の部位とかありますか?

おなかですね。引き締まっているの『ひ』の字もないおなかですね。

そう伝えると、お腹に効くマシン各種を、使い方を解説しつつ3セットずつトレーニングして回ってくれました。運動不足の体が震えます。 しかし見た事ないマシンも、使い方を教えてくれればもう怖くない。 複雑そうな見た目とは裏腹に意外と使い方は簡単。次からは一人でも使えそうです。

バーベルなどが置かれているエリア(フリーウエイトというらしい) は全く自信がなかったのでとりあえず見るだけ。 ここはさすがに本気度の高そうなマッチョたちが筋肉に磨きをかけています。すごい。

最後に体全体を使う有酸素マシンで30分ほど汗を流して終了です。 こちらも使い方や、筋トレ後の脂肪燃焼に効果的な有酸素運動の強度など丁寧に教えてくださいました。

こちらのジムにはプールもあり、体験の人には水着も無料で貸し出しているのでプールで泳ぐ事もできます。また、興味のあるスタジオプログラムに参加する事もできるそうです。 が、時間の都合で今回はここで終了。

シャワーとメイクルームもチェック!

ロッカーに戻ったらシャワーへ。 場所によっては大浴場やスパが併設されている所もあるとか。 こちらのジムではシャワーのみでしたが、それぞれ個室に分かれていて快適に使えました。 メイクルームにはドライヤーや化粧水、綿棒など、身支度に必要なものが一通り揃えられています。 これなら汗だくになってもバッチリ綺麗な状態で帰れるので安心です。

ガツガツ契約を迫られるんじゃないの?

一通り体験が終わったらフロントへ。料金体系などの説明を受けます。 この場で契約すると少し安くなるなどのキャンペーンはありましたが、そこまでガツガツくる感じではなかったです。 もし来られたとしても、 「今比較検討中なので、もし契約する場合は改めてこちらからご連絡します。」 と伝えれば問題ありません。

私は実際に体験した結果、雰囲気も設備も清潔さも問題なく、楽しく通えている自分が想像できたので こちらのジムで契約する事に決めましたが、 候補のジムが複数あって迷っている場合は、 全て体験や見学をしてから一番良さそうな所に決めるのが良いと思います。 やはり実際に体験して見て得られる情報は大きかったです。

まとめ。ジム探しのポイント。

運動初心者の方でこれからジムを探そうと思っている方へ。 実際に体験入店してみて、ジムを探す上で考慮した方がいいなと感じたポイントをまとめました。 ご参考になりますと幸いです。とりあえず気になったら、実際に見に行ってみる事をオススメします!

ココがポイント

【候補をネットなどで探している時に見るポイント】

■通いやすさ

家や職場、普段買い物をする場所の近くなど、生活動線上だとベスト。梅雨時など外出しにくい時でも通い続けられる場所か?

■料金

予算内に収まるか。実際契約する事になった場合、無理のない金額のプランがあるかチェック。

■プログラムとトレーナー

(※パーソナルトレーニングやヨガなど、自分が受けたいものが明確にある場合。)

目的のトレーニングやレッスンを実施しているジムか。目的にあったトレーナーが在籍しているか。

 

ココがポイント

【体験入店や見学時に見るポイント】

■清潔感

掃除はきちんとなされているか。嫌な匂いがしないか。

■雰囲気

通っているお客さん達の雰囲気やスタッフの雰囲気など、ストレスなく通うことができそうか。

■設備

現時点で自分が使いたいと思っている設備があれば、それらが一通り揃っているか。

ここのジムは設備がいいとか、トレーナーの質がいいとか、こんな所はダメだとか、様々な情報がありますが、身も蓋もない言い方をすると、私のように運動初心者だったり運動不足だったりですと、正直何をどう使っても大体いい運動になります。

何はともあれ一番重要なのは、「通える」という事だと思います。 どんなにいいジムを選んだとしても、通わなかったら意味ないですからね。

通い続けた結果、もっといい設備がいいな、など思うようになったら、その時は別の所にスパッと乗り換えたら良いんです。 その頃には多少通いにくい場所になっても運動習慣がついているので通えると思いますが、 最初から通いにくい所を選んでしまうと、習慣になる前に行くのが面倒になってしまうリスクがあると思っています。 「幽霊会員」なんて言葉もあるように、ジムは契約しているけど行ってないって人。結構いるみたいです。 そうならないために、あまり難しく考えずに、「自分はここに無理なく通えるか?」というシンプルな視点でチェックしてみるとうまいスタートが切れるんじゃないかなと思います。

これから通おうと思ってる方が素敵なジムライフを送れますように!

-ジム・パーソナルトレーニング

Copyright© アシログ , 2020 All Rights Reserved.